スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←On the Top of That Mountain《間章1》【第五話】 →ちょっとしたお知らせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【On the Top of That Mountain《間章1》【第五話】】へ
  • 【ちょっとしたお知らせ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

DIARY

なにを書くか

 ←On the Top of That Mountain《間章1》【第五話】 →ちょっとしたお知らせ
こんばんは。
普通の記事を書くのは、随分とひさしぶりな気がします。
grhoです。

さて、早速本題なのですが、最近良く考えることがありまして、それが、

――なにを書くか

なのです。
何かといいますと、現在自分は一応学生という立場で小説を書いているわけなのですが、書きたいものは沢山ありますが、「なにを書きたいのか」、「なにを書くべきなのか」ということです。
もちろん、小説というのはなにか「書かなければいけない状況」におかれたから書くというものでは、自分にとってはありませんが、それにしてもいろんなジャンルがある中からなにを書くのか、と言う話です。

実際自分はあまりいろんな書き方を試したこともありません。いまだ自分にどの書き方があっているのか、ということもわからない状態にあります。
自分の好きなタイプの物語もあります。

しかし、やはり最近少し思うのは、これからも長く創作活動を続けていくのであれば、『今の自分にしか書けないもの』を書くのが一番良いのではないか、ということです。
なんだか阿呆らしくなるほど、ふつうの結論なのですが、最近はそう感じています。

背伸びをしすぎて、どんどんと泥沼にハマっていくよりは、それこそ今の自分にしかない感性を詰め込んだ作品を作るべきなのかな、と思います。
つまるところ、いまやっていることとほとんどなにも変わらないのですが……。
ただ、現在の自分が、自分の頭で考えて出せる限りの結論を出して、それを小説にの中に詰め込んでいく。そうやって、小説を書くことを通して自分自身が成長していくことが出来れば、と思っています。

なんだか分けがわからなくなってきましたが、とりあえず、焦らずにやれることをやっていこう、とそんな感じでした。こんなグダグダな記事を書いてしまい、申し訳ありません。

それでは~



関連記事


  • 【On the Top of That Mountain《間章1》【第五話】】へ
  • 【ちょっとしたお知らせ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【On the Top of That Mountain《間章1》【第五話】】へ
  • 【ちょっとしたお知らせ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。