更新履歴


▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、
久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

【  2012年05月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

本棚からこんにちは《その壱》

DIARY

2012.05.24 (Thu)

 こんばんは。そして大変お久しぶりです。grhoです。いろいろと忙しかったことが今日一段落ついたので、久しぶりに更新しにやってきました。とはいっても、明日からまた忙しい日々が始まるのですけども……。ちょっと見返してみると、二週間ほど更新が出来ていなかったのですね。その分、という訳でもないのですが、ちょっと長めにいろいろと紹介してみようかと思います。ということで、タイトル通り「本棚からこんにちは」ということ...全文を読む

PageTop▲

これからの更新について

DIARY

2012.05.08 (Tue)

 こんばんは。さきほど、OTM間章1最終話の更新が終わり、ほっと一息ついているgrhoです。さて、これまで週一回、日曜日の夜に小説を更新することにしていましたが、一身上の都合によりこれから三ヶ月ほど……つまり八月くらいまで更新が不定期になります。また、小説の連載もその間、出来なくなります。一身上の都合とか良い感じのことを言っていますが、単純に生活の方と連載との折り合いがしばらくつけれそうにない、とそういうこ...全文を読む

PageTop▲

バトンに挑戦です!

DIARY

2012.05.08 (Tue)

 なんだか初々しさを感じるバトンに挑戦してみました。若かりし頃を思い出しますね……。バトン Q1 中1ではない方は中1のころを思いだしながら解答してください。おk? A1 OKQ2 生理の意味は何歳のころわかった? A2 中二のころ……かなQ3 巨乳と貧乳、どっちがいい? A3 どっちでも。拘りはないです。Q4 2番目に好きな女の子にはどんな態度とってもらいたい? A4 二番目……? たぶ...全文を読む

PageTop▲

On the Top of That Mountain《間章1》【第十二話ノ弐】 最終話

On the Top of That Mountain(長篇)《連載中》

2012.05.08 (Tue)

  久しぶりに来た夏祭りの会場は、あの時と変わらずにぎやかで人の声に満ちていた。 どうやら盆踊りはまだ始まっていないようだったけれど、それの準備をしているところに出くわし、おもわず顔が引きつった。姉さんはそれを見て楽しげに笑い、「あれ? 手伝いたそうな顔をしてるねぇ……」 なんていじわる気に言う。 するとそれを聞きつけた作業中のおじさんが、「お! ちょうどいいところに若いのがいるじゃないか、ちょっとあ...全文を読む

PageTop▲

On the Top of That Mountain《間章1》【第十二話ノ壱】

On the Top of That Mountain(長篇)《連載中》

2012.05.06 (Sun)

 《12 最終話》 みんなで昼食を食べた後、いろいろと事件は起こりつつもなんとか僕たちは浴衣に着替えた。 こんなにもたくさんの人間で、しかも浴衣を着てどこかに出かけるというのは、本当にひさしぶりだ。浦川と出会ってから、僕はなんどもその「ひさしぶり」な体験をしているような気がする。 ありがたいというべきなのか――迷惑というべきなのか。それは明白だ。前者に決まっている。この夏休み、結局のところなにか楽しい...全文を読む

PageTop▲

君と空との見つけ方〈4〉

特別小説

2012.05.02 (Wed)

  誰かに呼ばれたような気がして、僕は目をあけた。 「って、寒っ!」  身体を起こすと、夏とは思えないようなひんやりとした空気がシャツの隙間から流れこんできて素肌に触れる。 外はまだ早朝のようだった。黒い雲が白み始めた空に浮かび、頭上には薄れ始めた星が微かにまたたいている。 頭が痛いのは、おそらく数時間しか寝ていないからだろう。頭だけでなく、ついでに身体も痛い。「えっと……ここは?」 誰ともなしにつぶ...全文を読む

PageTop▲

君と空との見つけ方〈3〉

特別小説

2012.05.02 (Wed)

   《Ⅱ》 ブレーキをかけると、同時に蛙の声が止まったのが分かった。 ところどころ田んぼのある、古い住宅街。そこにある一本の電信柱の下で、僕はリュックを下ろした。姉さんに書いてもらった、彼氏――田中大毅《たなかだいき》というらしい――の家の地図を確かめるためだ。 チャックを開けて小さな紙切れに書かれたそれを取り出すと、安定しない蛍光灯に照らされて、紙面が少し青白く見える。さらに虫まで集まってくるせいか...全文を読む

PageTop▲

君と空との見つけ方〈2〉

特別小説

2012.05.02 (Wed)

  その日の晩ご飯は少し賑やかになった。 帰りの遅い姉さんと父さん、逆に夜遅くから出かけていくことの多い僕がいるおかげで、家族が一緒にごはんを食べることはそんなにない。 あっても、僕と母さんくらいのものだ。 しかし、それではそんなに会話は発展しない。そもそも、母さんとは最近ケンカ気味なのである。発展したほうがおかしいかもしれない。「そういえば、勉強の方はどうなの?」 一つの話題が終わった途端に、今度...全文を読む

PageTop▲

君と空との見つけ方〈1〉

特別小説

2012.05.02 (Wed)

      《Ⅰ》「ん……?」 バイト先を飛び出し、家へと自転車を漕ぎ始めてすぐのこと。僕は視界の左に映った光景を見て、思わず声を漏らした。 綺麗な夕焼け。いや、朝焼けというべきかもしれない。 低く這うような山稜に沿って空がやけに赤く輝き、その上に浮かぶ雲の下が真紅に染まっている。少し上に視線をやれば、夜の帳の上に星が散りばめられている。 ただ、何かがおかしかった。 ――時間。 今は夜の〇〇時なのだ。夕...全文を読む

PageTop▲

OTM間章1「第十一話」更新!

DIARY

2012.05.02 (Wed)

 またもや、大変遅れてしまいました。こんばんは。grhoです。さて、前回予告していた某所でのGW企画への参加ですが……。敗北しました。枚数的には十分間に合っていたのですが、話が最後の最後になって収拾がつかなくなってしまい、断念しました。更新が滞り、大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。さて、そんなことがあったので、その収拾がつかなくなる前の部分を、せっかくなのUPさせていただこうかと思います...全文を読む

PageTop▲

前月     2012年05月       翌月

更新履歴カレンダー

04 ≪│2012/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月・日を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。